室内型トランクルームの注意点

室内型トランクルームとは?

トランクルームには、屋外型と室内型の2種類があります。屋外型はそれぞれのトランクルームの入口に外部から直接アクセスできますが、室内型は共通のエントランスを通らないと各トランクルームに行けないため、室内型の方がセキュリティ面で安心だと言えるでしょう。室内型トランクルームには、管理人が常駐している所もあります。また、室内型トランクルームはエアコンで室温と湿度が管理されており、結露によるカビの発生を防げるので、湿気に弱い衣類や書類を預けるのに向いています。

季節物の衣類のほか、オフシーズンは邪魔になるサーフボードやスキーなどシーズンスポーツのアイテムをはじめ、ストーブや加湿器などの季節家電を預けられます。

室内型トランクルームを利用する際の注意点

もっとも、室内型トランクルームのセキュリティがしっかりしているからといって、現金や有価証券などは預けられません。無断で貴重品を預けて万一盗難に遭っても、トランクルームの管理会社は補償してくれないので、有価証券などは銀行の貸金庫に預けましょう。また、動物や植物のほか、ガソリンなどの危険物や臭いの出る物品の持ち込みは禁止です。それから、管理がしっかりしている分、屋外型より利用料金が高くなる点も気を付けましょう。そして、大型の物品を室内型トランクルームに預ける場合、屋外型のように搬送車を入口に直接付けて出し入れできません。

原則として、室内型に預ける物は、搬送業者に頼む場合を除き、簡単に出し入れできるサイズの物品に限られると言えます。

バイクガレージとはバイクの保管場所であり、雨風からバイクを守るため屋内に収納出来る場所のことをいいます。

-->